2016年07月23日

昨日がもう一回来ますようにって

carpentersのYesterday Once Moreの歌詞を初めて読んでみた


きっかけがクレヨンしんちゃんの劇場版オトナ帝国の逆襲だった。
アニメ映画だ。

もうひとつ、ゆらゆら帝国が「イエスタデイ ワンスモア」ってそのままじゃんなタイトルで好き勝手な歌詞でカバーしている。

本家は本家の持ち味があって、メロディに乗せて切ないような懐かしさを歌い上げている気がするけど、ゆらゆら帝国がうたうと戻りたいなんて思っている過去だってそれを眺めている現在だって、嘘みたいだし、本当のことなんてどこにもないような侘しさがどよーんとある感じ。


この世界がもし嘘でも騙されたいわ、だっていうくらいだから。


芸術家とか、いう人がいるなら。
身なりが良く、教養があって、それなりに人生の酸い甘いを経験してきたオトナなのに、絵を描いてもらうと3歳児のような絵を自信たっぷりに描いてみたり、歌を歌ってもらうと中学生みたいな甘酸っぱい歌詞の歌をシャウトまじりに歌い上げるような人が、芸術家なんじゃないだろうか。


上品な人が、完成されたような人格に見えない人が持つ幼児性というつもりではない。
すごくいびつなものを抱えたまま、大人になった人で、そのいびつなものを作品としてアウトプットできている人だと思う。


もし例えば、こどもの頃に母親に甘えていた故についた悪態があって、その贖罪の言葉を今も抱えている人がいるとして。
それがその人の心臓を貫きながら、同時にそのガラスのように鋭利な根から吸い上げた栄養分できれいな花が咲いていたとしたら、それが芸術であり、その花を咲かすためだけにしか意味をなさない贖罪の言葉で心臓をえぐり続ける人が芸術家なのだと思う。


だから、視点を変えると、その人はただ傷ついているだけ。
視点を変えると、誰もその人が傷ついていることはわからず、そこに一輪のきれいな花があるだけ。

そのきれいな花が咲くに至るまでのエピソードがあってもなくても、花がきれいで、それをアウトプットするに尽力した人が芸術家なのだ。



だから、大人なのにどこかスレていない、何度となく傷ついている人はそれでも何かひとつ残すことができれば、人生に意味はあったと思ってもいいんだと思う。


悪いものじゃなくて、人が喜ぶものを何か残せればいいんだと思う。
posted by nainai at 15:47| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

ケチがついた

はた目にはどう映るんだろうか。

私は32歳。
旦那さんは24歳。
職場恋愛、妊娠が発覚しそのまま入籍結婚。

ずいぶん若い男の子と結婚したのね、ないないさんうまくやったな笑と。
もし私に気の置けない友人なんかがいたら、私のしたたかさを肘で小突くように詰るのだろうか。


妊娠が発覚した時、彼はそれはもう結婚しないとダメだね!と思い切りのいい言葉をくれた。
考えさせてくれとか、育てていく自信がないとかはなかった。
それに、子供が16歳の時に俺は40歳か!まだまだ若いなと、彼は笑っていた。


私の父の話をしている時に、お腹の中で子どもに会えるのが楽しみだと彼が言葉を発した時に、父がみるみるうちに破顔したのを、よく覚えている。


私は凡庸な見た目とちょっと卑屈な性格。
幸せとメニューは私の人生のラインナップにはないと思っていたが、これが幸せなのかと思っていた。
結婚式のドレスを選んだり、産婦人科に検診に通って体重管理に気をつけたり、ベビー服のカタログを読みあさったり、私は私なりに幸せを噛み締めていた、つもりだった。



出産を終え、里帰りを早めに切り上げて赤ちゃんと旦那さんと私、それに同棲後すぐに飼いだした犬との生活が慌ただしくスタートした。

5/18だった。
それから赤ちゃんの夜泣きに対応しつつ、一日中泣き続ける赤ちゃんのオムツを替えてミルクをあげて寝かしつけた。

旦那さんとの生活が上手くいってないのは明らかだった。
ご飯も満足に作れないし、家事も思うようにできなくて私は毎日すごくイライラしていた。
旦那さんは会社でのことを楽しそうに話していた。

それから旦那さんがどんどんと、いやごろっと変わった。
9時出勤をし出して、髪は明るい茶色に染めてヘアワックスでセット。さらに、たまたまつけて行った時に、隣の席の事務の女の子に褒められた腕時計を必ずつけるようになった。

朝4時までゲームして、12時出勤してたのが嘘みたいだった。
入社してきた時はデスノートのLみたいに髪型に無頓着だったのに、ヘアセットなんて出来たんだ。
腕時計も買った時、部屋に飾るだけだったのに。

それから、友人と相談したいことがあると、食事に出かけた旦那さんは食事の後にカラオケに行き、朝5時に帰ってきた。

 しばらくして、映画を見に行きたいと言い出して、生後1ヶ月の赤ちゃんを抱えた私とは行けないから会社の後輩くんといってくると言い出した。
ネットで予約を取り、会社の後輩くんと遊びに出かける予定を立てた。


予定の日の朝、赤ちゃんの夜泣きもないのに、6時に起きてしまった私はそのままトイレに行き、寝室に戻った時に一連の旦那さんの行動に言い表せない嘘臭さを感じていた。
 携帯電話を開いてとりあえずメッセージアプリを開いた。

会社で隣の席にいる事務の女の子が履歴のトップにあった。


 これが女の勘というやつなのか、映画の相手はその女の子だった。
 脱力感がすごかった、動悸もひどい。
 とにかく女の子とのメッセージのやり取りを追っていくと分かったのは、相談したいことがあるという名目でその女の子と2人でご飯に行き2人で夜から朝までカラオケに行っていたらしい。
 女の子のそっけない態度に、これはどうやら本当にカラオケだけだったんだなと、推論出来た。
 さらにその女の子にまた遊ぼうとアプローチして映画に誘っている旦那さんの浮かれた文面。


 私の時もそうだったな。
 一緒に遊びに行こうって、映画でもどうですか?って。それに、メガネを買いに行きたいけど、何がいいのか見て欲しいって。
 うんうんいいよ、メガネね、って思ってた。
 それから彼からの率直すぎる好意を受けて、素直さに当てられたのだろうか、付き合うことにしたのを覚えている。


 なんだ、事務の女の子のことが好きになっていたんだな。
 この日は6/6だった。
 よく覚えている。
 6/5は1ヶ月検診なので、ついてきて欲しいとお願いしたのを断られたのでよく覚えている。


 あれからもう4ヶ月経つ。
 10日ほど別居して、もうこんなことはしないと約束して、仲直りした。
 でもケチのついた結婚生活。
 産まれて1ヶ月でお母さんに飽きて、他の女の子に必死になっていたお父さんって、何なんだろう。
 いっぱい泣いて、もう怒ったり許さないって思わなくなった。
 


 でも、信用することはどうしても出来ない。
 そして鏡を見ていつも思う、ああ私は老けたなと。
 だから、愛されなくなったんだ。
 だから、浮気されたんだ。
 って、ひしひしと感じてしまう。


 
posted by nainai at 04:02| 奈良 | Comment(2) | TrackBack(0) | 新婚生活について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

おうちでお寿司の件

怒らせること山の如し。


一緒に住むと、とにかく私という奴は腹立たしいらしい。



旦那さんの目が三角になって、矢継ぎ早に、私をこけおろし始める。


こういう風に怒らせる原因は、私にあるのだろう。


 今日は、私の折り入ってのリクエストで、お寿司を出前注文することになった。

お寿司を玄関で受け取って立派な平桶に入ったお寿司をテーブルに置いた。


 旦那さんもいそいそと、小皿に醤油を垂らして割り箸を置いてくれた。

 私はお湯を沸かしてお茶の準備。
 緑茶はなかったかなと思い、烏龍茶でいいか?と聞くと、緑茶がいいと返答され、探してみると緑茶発見。


 急須に茶葉と熱湯を注いで蒸らしつつ、お寿司を食べ始めた。

 しばらくして、旦那さんが、お茶はまだかというので、まだ蒸らしてますと答える。
 薄くていいよ、薄い方が好きと言われて、それではと薄いお茶を注いでテーブルに置いた。


 カップの裏が濡れていたらしく、テーブルに輪っか状の水滴がついた。
 これが良くなかった。
 みるみるうちに、旦那さんの機嫌が悪くなって、底冷えする声で、こういうの本当に嫌だ、お前は汚いのが、好きだなと皮肉と不快感たっぷりの嫌味。


 ごめん気をつける、といえば。お前が気をつけたとて、また別の何かが抜ける、どうしたらそれが直るんだと少し声を荒げる。
 
 何故、コップの底が濡れていただけで、お前は汚いのが好きだなどと、言われないといけないのか。


私は、そうだね私は汚くしかできないね、というと、はあ??と聞き返してきた。

 ぼこぼこにされたいの?と聞かれたので。やりたければ、やればいいと返した。


 彼はわなわな震えるように怒っていた。
 
 私も怒っていたが、しばらくすると涙が出てきた。


 ひとしきり泣いた後、2人終始無言でお寿司を頬張って食事は終了した。




posted by nainai at 02:17| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新婚生活について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

リフレイン・リフレイン

おばあちゃんの家にお邪魔をして、去年の秋に入籍した旦那さんを紹介した。

本当はすでにゴールデンウィーク頃と夏に会わせているはずだが、おそらく覚えていない。


ついでにいうと去年の暮れに結婚式を催しておばあちゃんももちろん招いたが、おそらく旦那さんの顔をきちんと覚えているか非常に怪しい。

いや、壊滅的に期待できない。
しかし、それでいいのだ。


それが自然の摂理なのだ。


1月1日、元旦の夕方におばあちゃんはおせちを1人でつついていた。
お夕飯どきに失礼して、旦那さんを紹介すると、おばあちゃんは頬を紅潮させ照れたような浮かれたような表情で笑った。
私も嬉しくなった。
きれいな人だとため息をついたので、前にも会ったのよと伝えると、驚いていた。
しばらく眺めてから、鼻筋がすっと通って、鼻が高くて、おじいちゃんに似ているねと、言い出した。


たしかに、目鼻立ちは非常に整っている男の人で、男の顔に頓着しないであろう父ですら、若くてきれいな男の子という認識をしている。


しかし、不思議なもので、褒められた本人はそうだろう高くて立派な鼻だろうと天狗になるわけではなく、少し目立ちすぎる鼻を気にしているのだ。
もう少し低くて良かったということらしい。


おばあちゃんに、私もおばあちゃんも鼻が低いものねと茶化すと、またおばあちゃんは旦那さんを見つめながら、きれいなねぇ…とつぶやいた。



もう3回目だよとおばあちゃんにツッコミを入れると、でもきれいねぇとまたまたため息である。


どうしてしまったというのだろうか。
そして、祖母は今度こそ、私の旦那さんの存在を理解し、顔を覚えるのだろうか。



また夏頃に会いに行ってみようと思う。
posted by nainai at 00:19| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おばあちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

女子力という言葉の切れ味と毒味

女子力だとかいう、女の子らしくて可愛くってあざとい、そしてもてる!という能力は、犬も食わない。

糞の役にも立たないという言葉とほぼ同義なのだ。




しかし、同時に、女子力が高いとされるファッションセンスやネイルやヘアスタイルなどを磨いたり工夫することはいいことだと思う。
美味しいケーキをこんがり焼けたり、大好きな彼のためなら手作りのお夕飯をちゃちゃっと作れるのも素敵だと思う。
ちょっとした冠婚葬祭の知識もきちんとあって、礼儀と節度を保って他人と接することが出来る教養のある女性は素晴らしいと思う。
掃除洗濯、部屋の整理などもきちんとこなせるというのも羨ましく、私もそうなりたいと憧れる。



一つ一つのことは人として大事な能力だと思う。


ただ、そのうちのどれか一つが出来なかったり、苦手だったりしたときに、女子力が低いと揶揄される時に、こんな暴力的で自暴自棄になるほど毒味の強い言葉がかつてあっただろうかと感じる。
一般的に使いやすいように加工した、女子力という可愛らしい語感で、何故蔑まれないと行けないのか。



会社の大掃除の時に窓拭きが下手くそだだったので、掃除大好きの男性2人から、窓拭きのやり方知ってる?女子力ないなぁと、言われて、私は辟易してしまった。
腹が立つのが先に来てしまって、きれいに拭こうとか、申し訳ないという気持ちにならなかった。
このふてぶてしさと反省心のなさも、女子力皆無である。


年配の社員さんが、掃除は女子力じゃないですよ、と言ってくれたので、女子力MAXの男性が、じゃあ掃除は何力なんですか?と聞き返したら段取りでしょ、と言っていた。
そうすると、さらにその男性は口角を上げて、そうすると、私の段取り力の低さが露呈したわけだとますます機嫌を良くしていた。



そんなに段取りの悪い私を詰るなら、掃除は全部あなたがたにまかせますよ、と女子力底辺の私は喉まで出しかけた言葉をしまいこんだ。
会話を続ける方がナンセンスなので、口を噤んで、目一杯力を入れて窓を拭くことにした。



後ろで笑われているんだろうなと思いながら。
posted by nainai at 02:03| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社内評価について

私の会社での評価が低いみたい。


妊娠が発覚したのは9月だった
ようやく3ヶ月目なのだが、最初はいつも通りガツガツ残業して普段通り仕事をしていたら、彼氏にどきつく怒られた。



自分では、つわりもないし、普段通り働けるという感覚だったが、こんなに残業して赤ちゃんに影響があったらどうする!と怒鳴りつけられた。


年齢的にも気をつけるようにするというのは大事だと思ったので、かなり残業しないように避けていた。

無理しないように気を付けて
でも、家での家事は今まで通りにこなすように努めていた。


それもあって、今週なんかは洗濯物を溜め込みすぎることもなく、いい感じに家事を回せていた。



と、思ったら、今度は、会社の営業マンさんからお小言をもらった。

最近の私の業務態度はかなり悪いそうだ。
産休に入るまでは正社員なんだし、きちんと働いてくれないとねぇというところみたいだ。



そ、そっか…
露骨に残業もしてないし、自分でも気付いてないけど、タスク漏れていたり周りに迷惑を掛けているのだろうか。


産休明けに、もう来なくていいって、なったら困るし、残業はしなくていいからがむしゃら働いてる感じを出して欲しいと、彼には言われた。



もう来なくていいって思われるなら、行かないよ。
体調崩してもダメ、会社では産休明けにも雇ってもらえるようにアピールしないとダメ、家事も今までより質を落としとはダメ。
そして、結婚式の準備もあるし、犬の世話もあるし。
全部自分で選択したことなのだし、どれも手放すことは出来ないならことばかり。
今回の指摘は、私に直接来たものではなく、私と一緒に働く彼に来たもの。
指摘をした人も直接の上司ではなく、別部署の営業マンさんだから、社内的に正確に注意を受けたわけではない。
産休明けに来ないで欲しいな、と思われているんだろう。そう思っている人は何人かいるんだろうと思う。

なんか、とにかく悲しい。
posted by nainai at 01:26| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月27日

私が去年から狙っていたという話

だいたい誰も私のことを知らないのだが、私のことを勝手にこんなやつで、こういうことを画策しているに違いないと思われているらしい。




私は会社に入社してしばらくして、前の職業訓練学校で仲良くなった男の子と付き合い出した。

去年の2月から付き合って、12月に別れた。理由は、形容し難い不安感、漠然となんか違うと思っていた。

1月に大学時代のメンバーと福岡で合流して飲み会をした。
私が何度も夢に見たサークルメンバー雑魚寝である。
何故か分からないが、とにかく大学時代の夢を何度も見るのだ、だから、この日は夢に見た、憧れの青春時代の再来だったわけである。
何度もいうが、各々が静かに寝出して静まり返って、頭痛とともに目覚めてお腹すいたな、机の上片付けようかなと、いうこの自堕落な目覚めを欲していたのだ。



それからも元彼と月に一回程度ご飯には行くが、もう一度復縁というのをためらっていた。

そんな矢先に、牡蠣鍋をしようという提案に誘われて、私は初めて会社の後輩のお部屋を訪ねたのだった。



それが3/1だった。
次に2人でお出かけをして、しばらくして告白されたのを覚えている。
3/19だった。



そんな経緯はさておき。
私は去年からずっと、そうずっとね、この後輩の男の子を虎視眈々と狙っていたというのが、下衆な会社の男性陣の予想だったそうだ。
なので、付き合っていると言うことを聞いた面々が、ずっと狙っていたもんなぁと、あの女というわけである。




違うと、言いたい。
あの、ほんっとに違うんです。

私はそういう下心にまみれたおばさんに見えるんだろうなァ。
はぁ、どうりで友だち少ないわけだぜ。

posted by nainai at 01:53| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 私のかわいい人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月01日

失敗しすぎ、我慢しなさすぎ?


また今回の彼氏もダメな気がする!というと、またなのか、お前こそお前の問題点に気付くべきだと言われそうだ。



彼氏のクオリティが常にぶれない。
悲しいなー




せめて、もうちょっとゲーム時間短くて、彼実家には月に一回帰るけど、私実家には帰らない、遠いもんって、いうのが改められたらなぁ。

あぁまだあるかな。
家事しない。
家事は何をすればいいか、指示くれたらするって言われたけど、自分で考えろよ。と思いつつ、指示出しても、してくれないのがほとんど。


今日も眠っていたのに、起こされて、何事かと思ったら、深夜24時おなかが空きました夜食を作ってくださいって。

わぁお?
明日、私が早番と知っていてこれなら、ワンダフル!


私は、お前に存在する料理スキルが落ちてしまうと諭して寝に行った。


私も割と傍若無人なのだ。



2時間経つがゲーム中の爆発音が延々と聞こえてて眠れなかった。
もう多分そもそも気持ちがささくれだっているのだから、眠れないだろう。



お外に散歩にきてみたが、ひょっと浮浪者に遭遇しかねない街なので、どこへも行けないのが辛い。



私は馬鹿だなぁ。
何をしてるんだろう。
何が嫌で、こんな夜中に気を滅入らせているんだろう。



posted by nainai at 02:53| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

私なりのケンカ





会社の中で唯一大嫌いな人を、攻撃するチャンスが到来したと思った。



営業マンなのだが、お客様とのお話の中で、社員メンバーの悪口を言っているらしい。
ど、どうしようもない奴だ。
営業マンとしての力量というより、社会人としておかしい。



やってはいけないことだと判断がつくはずなのに。



この情報を各方面から集めて、営業に同行した面々から聞いて、上の人たちに伝えたら、大事になるはず!


私は嬉しかったというか、嬉しそうな声音だったと思う。
嫌いな人を失墜させるためのアイテムにしか見えなかった。



そして、とにかく色々と内容を塗り固めて、上の人たちに、嫌いな営業マンのことを相談した。



上の人たちは真剣に聞いてくれた。




良かったとおもっていたが、翌日、同じ会社の彼氏から、私が、件の営業マンに対してかなり感情的になっててヒートアップしてしまっているので抑えてあげてと言われたと、話をされた。





私も感情を抑えるのに必死だったのを自覚している。
私が攻撃されたのは感情だったから。



みんなをいじめていたことじゃなくて、会社の雰囲気を悪くしたことじゃなくて。



入社当初、机の上にお菓子をばらまかれたり、私の部屋の写真を他の人に見せて笑っていたことを、私はずっと怒っていたのだ。



それがまだ未だに私の心に刺さったまんまで、誰かに、そんなひどいことされたのに我慢して!かわいそう!って言われたいだけだったみたいで、かなしい。


誰の心配もしてなかった気がする。



感情的と諭されても、まだ私は攻撃したりないという感覚があって、怒りが払拭出来てない。



疲れた、かなしいと思う。
posted by nainai at 04:18| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな人いた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

終わりが来るとして

いつか終わりがくるとして…
そのときになって、慌てて準備するのでは遅いので、いつ終わってもいいように腹づもりはしておくのが、私はいいと思っている。



こんな考えだから、だめなのだろうけどね。



私は、相手がいつまでも私のことを好きでいてくれるなんて都合のいいことが、無期限で起こるとは思えない。

スタバのダークモカフラペチーノを毎日一杯無償提供してくれるチケットが毎朝善意の誰かが届けてくれる、しかも死ぬまで。
こんなことが起こるだろうか?
奇跡に近い、いや起こるわけのない現象である。
そして、そういうイメージが、私の思う、[ずっと好き、いつまでも一緒にいよう。君だけを愛してる]なのである。


結婚して夫婦生活が、色々ありながらもお互い好きで、信頼しあっているというのは、人徳者と人徳者との巡り合わせなのだと、思っている。


またダメな気がするの。
何故だか分からないけど、愛なんてないのに、1人になりたくないだけの私しか見えないんです。








posted by nainai at 02:19| 奈良 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 私のかわいい人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。