2013年06月17日

断ち切れないものについて




海賊と呼ばれた男を読破したら、次はこれを読むといいよと、会社の人が指差したのはこれだった。


人間仮免中


私の性格を知ってるだろうか?
いや、私の性格を知っている人なら、ピンとくるはずだ。


これは、わたしに対してフックが向いていない作品だ。



帯には感動したとか、生きてるだけで人生は素晴らしいみたいなことを書いてあった。

こういうの、大っ嫌い。





さて、勧められたからには読むとしよう。



話はこんなのだった。
女は35歳、還暦を迎えた男に惚れて同棲を始めた。
女は統合失調症で、男はひどい癇癪持ちで三度も離婚している。
さらに女は風俗やAV出演の経歴があって、その筋ではかなりの有名人らしい。



それでも2人は互いに深く愛し合っていて、些細な嫉妬心で大げんかをしては、お互いを傷つけあっていた。


激情というものを私は抑えることが賢明な人の在り方だと思ってきた。


この人たちはただ激情の中に生きている。
と、思うと、羨ましいような気がしてきた。




この女性、よっぽど有名人らしく、気になって検索したら、綺麗な人だった。
あらびっくり。




ほんとに些細な嫉妬心で喧嘩して、そのままほつれてしまった心を持て余したまま、この人は歩道橋の上に立ち、彼女はえいやと飛び降りた。

信じられない展開だった。
飛び降り要素が私には分からないのだから…
きちんと話し合えば、解決するし、そもそもきっかけも喧嘩になりえるようなものには一切思えなかったのに。



一命を取り留めたものの、彼女は入院中もひどい妄想にとりつかれて、傍目には手に負えない状態だった。


しかし、そんな彼女を支える家族や恋人や友人たちは、彼女を見捨てたり、距離をあけたりもせず、ただ、彼女が投身してそれでも命が助かって良かった、生きていてくれてありがとうというのだ。



何故、こんなに人は人を断ち切れないんだろうか。

もっと断ち切れたら、楽なのに。


断ち切れないものがある。
昔、好きだった人がいる。
私は適切な判断を下せずに、おろおろしていることが多く、劣等感と二人三脚してた。
その人は私の思いも寄らない考えをもって生きていて、発言一つ一つの勢いがすごかった。
すぱっとなんでも決める行動力のある人だった。
今まで、誰と付き合っても、私は、その好きだっただけの人と比べて、及第点に及ばない彼氏と別れてきた。



それすら本当は気付いてなかった。


多分、こうやって、ひどく突出した子供染みた理想点と現実に付き合う人とを比べている私は、結婚が出来ないなと、つくづく思うのだ。



でもこれを断ち切ると、私は拠り所がちっともどこにもないので、ひどく高邁な理想を手放さないだろう。
posted by nainai at 00:23| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

お腹いっぱい笑う



くすぐったいくらいに会社に行くのが楽しいと感じることがある。



おかしな話だと思う。




前の職場は、出勤するのが嫌で嫌で仕方がなかったのになと、不思議に思う。


またここでも私はダメになってしまうのかという不安はある。

前の職場は最悪だった、というありきたりな台詞は、内省がかけらもない。
前の職場になじめなかった私は、私の何処かを直せば、そのままお勤めが出来たのではないのかと思うのだ。



ダメみたいだなぁ。
驚くくらい、今の私は落ち込んでいるみたい。
posted by nainai at 02:22| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

結論が出ているのに迷うことがある




何度考えても、同じ結論にたどり着くというのは、つまり悩んでいるということだ。

日本語がおかしい。

悩むというのは、つまりこういうことだ。
どうするべきか逡巡し、先に進めない状態を指す。
しかし、悩むということは、ほぼ行動にうつすだけの、準備はほぼ整った状態なのだ。


シュークリームを買うかどうか迷うことはあっても、遊園地をひとつ買い占めようかどうか迷うことはない。


悩むというのは、細かく刻んでみると変なものだ。


私は、今、付き合っている彼と別れようかどうか迷っている。



別れたら惨めで悲しいんだろうな。
同世代の人たちが次々に結婚していくのに、置き去りの自分を思うと、惨めで消え去りたくはなるが仕方がないだろう。

こんな風な道にしか辿り着けなかったのは自分なのだから。
posted by nainai at 01:46| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

ねこがいなくてもいっこうに構わん



最近、海賊と呼ばれた男を読んだ。
ハードカバー上下。


次は、世界から猫がいなくなったらという本を読んだ。

さらに、県庁おもてなし課を読み終わった。



どうにもうまく言えないけど、この三作品どれをとっても、全然のめりこめない。
私の感受性の浅さなのか。



世界から猫がいなくなったらという著書に関してはひどかった。

主人公の母は、猫アレルギーにも関わらず、猫を拾ってくるのだ!
猫は成長し、家族の一員となり、やがて身体に大きな腫瘍が出来て死ぬのだ。

すると、どうだろうか。私はその猫との出会いと別れのくだりを読んで、痩せ細って死んでいった愛犬を思い出して、涙が止まらなくなってしまった。



猫なぞいなくても、私の人生に弊害はない。
それに、あざといタイトルではないか。
日本人の脳に寄生する猫好きという嗜好をけたたましく刺激する。
しかし、私は猫好きと言われる類の人間が、そう嫌いだ。



猫を飼っている人が、というとちがう。
猫が好きで、ペットショップで猫ばかり舐めるように眺める輩が嫌いだ。
それに、あいつらは、デザインの良し悪しや使い勝手を無視して猫グッズを買い漁る。
作り手も一種の思考停止。
猫モチーフ付けとけば売れる、みたいな不文律はいただけないと思う。
さらに猫好きさんたちは、猫の良さを一様にこう語るのだ。
犬みたいにうるさくないし、上品。
気ままで、寄ってこない。
たまに甘えてすり寄ってくるところがなんとも言えず可愛い。

ここまで、紋切り型の台詞なのだ。
猫好き教の経典の最初の頁にでも書いているのだろうか。
さらに、こう続けるのは、みなさんもご存知だろう?
すり寄ってくるのは、おなかが空いた時だけなんだけどね笑。



猫好きさんの、わがままで箸にも棒にもかからない、自分の思い通りにいかないいじらしさを猫に見出して、酔いしびれている様。
猫の写真を見せれば、喜怒哀楽を全て昇華させてしまう猫愛。



どうにも私には気に入らないのだ。



そうして、猫のことを考えると、自然と犬の、死んでしまった犬のことを考えてしまう。
抱きかかえた時の軽さとか、犬が死んでしまった日に仕事を休めなかったことだ。



そうすると、小説などそっちのけで悲しくなってしまう。




なかなか、文章のみでお話をからめてこられると、集中できないのは、年をとったということなのだろうか。
posted by nainai at 02:38| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。