2013年07月10日

私が電話一本駆けつけますよ

すごい薬があるそうですね。



会社の人が、2人足並みを揃えて禁煙の薬を始めたのだ。

副作用がひどいらしいけど、いまのところは全然平気!むしろ、禁煙なんか楽々出来そうとのたまっていたわけだ。



なるほど、すごい!
薬と病院の通院費を考えても、タバコをやめれば、生涯お釣りが来るし、健康になるしいいことづくめである。

そうこうしているうちに一ヶ月たった頃、副作用が出始めたらしい。



1人は吐き気がひどく、2日に一回もどしちゃうという。
もう1人は気分が優れず、朝起きたときに家族がいないと、孤島に1人取り残されたようなかつてない孤独を感じてしまうらしい。


なかなかすごい薬だ。

と、その話をききながら、営業の石川さんが、それを能天気でポジティブなないないさんに服用させたら、大人しくなるかしら?と笑った。

すると、その人はないないさんはそんなに喫煙してないので、薬はそもそも必要ないかもしれないね、と、返した。


石川さんのは、私への嫌味なのだろうが、仕事中に言わなくてもいいのに。


さらに、こう言った。


そんなに薬のせいで寂しいなら、1人暮らし女の身のないないさんに電話をすれば、駆けつけてくれるんじゃない?と、笑った。



私に、かなりの非があって、この暴言だとしたら、私は一体ぜんたい業火に身を投じる覚悟で素行を改めなければいけない。


しかし、薬の副作用で寂しいさびしいとぼやいているとはいえ、そちらの人も子持ちの既婚者なのだ。
その人にも失礼な話である。



本当に魔法が使えたらいいのにな。
石川さんにこなきじじい抱っこして、メガンテ唱えて、爆発してやるのに。
posted by nainai at 02:18| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな人いた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。