2014年07月21日

暴君彼氏



暴君という言葉は、彼にもっともふさわしく、そして、彼以上にその言葉を添えるに足る人物はいない。




彼は暴君だ。

いい奴、調子のいい奴、ノリのいい奴、愛嬌ある奴なのだが、なかなか付き合っていくほどに、なるほど暴君なのだ。


私は、実家に帰るの推奨派だった。
なので、付き合う前ではあるが、彼にこう言ったことがあった。
社会人になってからの家族の時間は、親が寿命で死ぬまでのおよそ20〜30年の間を日数でならすと、数ヶ月しかない。
年に2回、お盆と正月に帰る。
泊まるとして、年に4日。
それを25年で、およそ100日。



でも実際にはもっと少ないかもしれない。
彼氏は月に一回は実家に帰りたい!と私に伝えた。
私の実家と、あなたの実家と半分ずつ?
あなたの実家はまだ近いけど、私の実家にあなたと帰ったら2人で往復移動費だけで5000円は必要。
毎月はちょっと苦しい。

それに土日出勤の日もあるので、実際には実家に帰るチャンスは月に一回ずつしかないのだ。



彼は言った、ないないの家は遠いしお金がかかるからたまにでいいね、と。


彼の家のように、高級食材でおもてなしもできない、家もきれいじゃない、猫だって、高校生のとびっきりかわいい弟くんもいない。


私の家は古くてきたなくて、あらゆるところがほこりだらけ。
お母さんの冷蔵庫の野菜室はゲル状態、犬はギャン泣き、十代の少年の代わりに足が悪くて同じ話をリプレイする痴呆のおばあちゃんがいる。


もう散々きれいにして欲しいと伝えてもきれいにならないなら、いいやと思う。


おばあちゃんに、たまには会いたいので、彼氏の言葉に、声を詰まらせてしまった。
お金がかかるし、あなたが遠いところだと感じるなら、私は私1人で帰りたいと思う。



と、言おうと思って言えなかったら、彼氏のお母さんからあの子自己中だから諭してあげてね、実家にも無理せず半々で帰ればいいのよ、て、言われた。


そういわれると、そこまで帰りたい実家でもねぇしなと思う。


しかし。彼の母、いい母。
posted by nainai at 09:16| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 私のかわいい人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

新人女子潰しの異名を持つ私


あれは、新人女子潰しですよ。





ほくそ笑みながら、妙齢の女のみっともない計画とその失態を詰っていたのだろう。




私はある日、新しく入った事務の女の子を誘って、会社のメンバー何人かと食事に行った。



私の会社は、事務のお姉さんと私以外は皆男の人で、23歳の女の子など受け入れたことのない会社。


まだ馴染めてないみたいだから、と上司からも事務のお姉さんからも、ないないさんからご飯に誘ってあげて欲しいと再三言われていた。


外でご飯を食べるのが好きではないし、それに休憩中は気兼ねなく過ごしたいと思う。


頼まれた内容をこなすのは、私には少々ハードルが高かった。
それでもとりあえず2度ほどご飯に誘ったら、新人の彼女は二つ返事でOKしてくれた。


そんな私の内情はさておき、そんな食事休憩は、私というお局的な女が、新人を潰そうと画策したものだと、囁いている輩がいるらしい。



随分嫌われたものだなと思うのだが、噂を囁いている人にはご飯に誘われた折に、抱きしめられて彼氏がいるかと聞かれた過去の経緯がある。




その噂話を垂れ流して、私のことを潰そうというのだろうか。



悲しい限りである。
posted by nainai at 05:25| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな人いた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

父親からの諫言

お父さんがね、母の声を聞きながら。あんまり咀嚼して飲みくだせそうな感じの話ではないと感じていた。



年下の、しかもあんなにきれいな男の子と付き合えてるんだから、身なりをきれいにして、髪の毛もくしゃくしゃのまま出掛けないで、きちんとお化粧をして、飽きられないように気をつけないといけないと、言われた。




普段はメガネなので、彼の驚嘆すべき美貌は抑えられているのだが、メガネを外すと本当に整っていてきれいな顔の青年なのだ。


彼氏がイケメン過ぎて辛い。
少し困り眉ですり寄ってきて些細なお願いであるかのように、大胆な強奪を図るのだ。
私のパソコンのメモリとCPU全部頂戴、て。
私のパソコンうごかなくなりますけど!?と言うと、俺のパソコンにないない用のアカウント作ったし困らないでしょと言われるのだ。


困窮はしないが、私が自分で買ったパソコンの肝心要の部分を甘えた声をひねり出して、取って行くのだから、悪魔である。



そんなこんなで、私は彼が、私のどこを好きなのか、いまだかつて理解出来ていないのである。




私がタイトスカートを履けばいやらしいの詰られ、今度はひざ下のフワフワスカートを履けば、何故俺以外の男に会うであろう会社にスカートを履いて出掛けるのか詰問を受ける。
謎である。



しかし、私もあと10年したら、40歳なわけであって、彼は33歳。
20代女子が群がるような男に仕上がるであろう。
勝ち目などないのである。
負け戦がすでに眼前に控えているのである。

父は本当に無能だ。
将来を見据えて物を喋って欲しい。
どう足掻いても無駄なのだ、バカみたいだ。
まくしたてるように、母にそう伝えた。
今だって釣り合っていないのに。
がんばって惨めになりなくない。
そう思うでしょう。
posted by nainai at 18:11| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 私のかわいい人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

お一人様プレイヤー



困り果てて家を出てきたのが、およそ30分前だろうか。


正解がどれなのか、全くもってわからないのだから、私という人間がコツコツ積み上げてきた人生経験の薄っぺらさを実感する。



7歳も年下の彼氏は夕飯の後に眠たいと言って、寝室に向かった。
どうぞどうぞ寝てください、私は彼をいい感じに布団にくるんでパソコンに向かった。

しばらくして、彼氏が少し困ったような笑顔で、寝室から顔を出した。


ちょっと俺、今からシコるわ、と伝えられて、1日一回は出さないと体調が悪くなると聞いていたので、どうぞどうぞと伝えた。
しばらく、ほんとに見ないでねと再三の念押しと、裸体でドアに張り付くというパフォーマンスを行った後に、彼は、ちょっとネタっぽいけど、今からシコるからほんとに部屋に入ってこないでね、と言った。



ここまで来ると、むしろ構って欲しいのかなという気もしてきた。
が、私とセックスしたいというお誘いではなく、ただ出してスッキリしたいという話だったので、私も困り果てた。



考えた挙句、ハガキ2枚をつかんで、コンビニに行くことにした。
彼はコンビニに行くと言った瞬間、ほっとしたのか、鍵を早々に渡してきた。
私は行ってらっしゃいの声を背に受けながら、部屋を出たものの、お誘いを受けなかったことに喪失感というか、もう私には興味ないのだろうかという悲しさを感じていた。



そして、悲しみのあまり、ぐるぐるいろんなところを回って、部屋に戻った。



気にしない素振りでいこう。
帰ってくるのが遅くて怒ってるかもしれないともしんぱいになった。



寝室から安らかな寝息。
静かな空間。
彼は、1人で気持ち良くなって、そのあとの脱力感のまま眠りに着いたらしい。
幸せなやつである。
posted by nainai at 23:17| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 私のかわいい人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。