2014年07月21日

暴君彼氏



暴君という言葉は、彼にもっともふさわしく、そして、彼以上にその言葉を添えるに足る人物はいない。




彼は暴君だ。

いい奴、調子のいい奴、ノリのいい奴、愛嬌ある奴なのだが、なかなか付き合っていくほどに、なるほど暴君なのだ。


私は、実家に帰るの推奨派だった。
なので、付き合う前ではあるが、彼にこう言ったことがあった。
社会人になってからの家族の時間は、親が寿命で死ぬまでのおよそ20〜30年の間を日数でならすと、数ヶ月しかない。
年に2回、お盆と正月に帰る。
泊まるとして、年に4日。
それを25年で、およそ100日。



でも実際にはもっと少ないかもしれない。
彼氏は月に一回は実家に帰りたい!と私に伝えた。
私の実家と、あなたの実家と半分ずつ?
あなたの実家はまだ近いけど、私の実家にあなたと帰ったら2人で往復移動費だけで5000円は必要。
毎月はちょっと苦しい。

それに土日出勤の日もあるので、実際には実家に帰るチャンスは月に一回ずつしかないのだ。



彼は言った、ないないの家は遠いしお金がかかるからたまにでいいね、と。


彼の家のように、高級食材でおもてなしもできない、家もきれいじゃない、猫だって、高校生のとびっきりかわいい弟くんもいない。


私の家は古くてきたなくて、あらゆるところがほこりだらけ。
お母さんの冷蔵庫の野菜室はゲル状態、犬はギャン泣き、十代の少年の代わりに足が悪くて同じ話をリプレイする痴呆のおばあちゃんがいる。


もう散々きれいにして欲しいと伝えてもきれいにならないなら、いいやと思う。


おばあちゃんに、たまには会いたいので、彼氏の言葉に、声を詰まらせてしまった。
お金がかかるし、あなたが遠いところだと感じるなら、私は私1人で帰りたいと思う。



と、言おうと思って言えなかったら、彼氏のお母さんからあの子自己中だから諭してあげてね、実家にも無理せず半々で帰ればいいのよ、て、言われた。


そういわれると、そこまで帰りたい実家でもねぇしなと思う。


しかし。彼の母、いい母。
posted by nainai at 09:16| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 私のかわいい人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。