2014年08月30日

私なりのケンカ





会社の中で唯一大嫌いな人を、攻撃するチャンスが到来したと思った。



営業マンなのだが、お客様とのお話の中で、社員メンバーの悪口を言っているらしい。
ど、どうしようもない奴だ。
営業マンとしての力量というより、社会人としておかしい。



やってはいけないことだと判断がつくはずなのに。



この情報を各方面から集めて、営業に同行した面々から聞いて、上の人たちに伝えたら、大事になるはず!


私は嬉しかったというか、嬉しそうな声音だったと思う。
嫌いな人を失墜させるためのアイテムにしか見えなかった。



そして、とにかく色々と内容を塗り固めて、上の人たちに、嫌いな営業マンのことを相談した。



上の人たちは真剣に聞いてくれた。




良かったとおもっていたが、翌日、同じ会社の彼氏から、私が、件の営業マンに対してかなり感情的になっててヒートアップしてしまっているので抑えてあげてと言われたと、話をされた。





私も感情を抑えるのに必死だったのを自覚している。
私が攻撃されたのは感情だったから。



みんなをいじめていたことじゃなくて、会社の雰囲気を悪くしたことじゃなくて。



入社当初、机の上にお菓子をばらまかれたり、私の部屋の写真を他の人に見せて笑っていたことを、私はずっと怒っていたのだ。



それがまだ未だに私の心に刺さったまんまで、誰かに、そんなひどいことされたのに我慢して!かわいそう!って言われたいだけだったみたいで、かなしい。


誰の心配もしてなかった気がする。



感情的と諭されても、まだ私は攻撃したりないという感覚があって、怒りが払拭出来てない。



疲れた、かなしいと思う。
posted by nainai at 04:18| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな人いた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

終わりが来るとして

いつか終わりがくるとして…
そのときになって、慌てて準備するのでは遅いので、いつ終わってもいいように腹づもりはしておくのが、私はいいと思っている。



こんな考えだから、だめなのだろうけどね。



私は、相手がいつまでも私のことを好きでいてくれるなんて都合のいいことが、無期限で起こるとは思えない。

スタバのダークモカフラペチーノを毎日一杯無償提供してくれるチケットが毎朝善意の誰かが届けてくれる、しかも死ぬまで。
こんなことが起こるだろうか?
奇跡に近い、いや起こるわけのない現象である。
そして、そういうイメージが、私の思う、[ずっと好き、いつまでも一緒にいよう。君だけを愛してる]なのである。


結婚して夫婦生活が、色々ありながらもお互い好きで、信頼しあっているというのは、人徳者と人徳者との巡り合わせなのだと、思っている。


またダメな気がするの。
何故だか分からないけど、愛なんてないのに、1人になりたくないだけの私しか見えないんです。








posted by nainai at 02:19| 奈良 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 私のかわいい人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。