2008年07月25日

8t

 
 
 こんにちは。
 いかがお過ごしでしょうか???




 
 先日、親戚の家に行ってきました。
 片道一時間半、だけど、大阪で都会真っ盛りなんで道が難しいので、へとへとです。
 しかも遊びに行くわけじゃない。
 荷物を回収に行く。
 
 
 
 
 
 
  親戚、子供は二人とも結婚してそれぞれの相手と生活してます。
 ので、孫待ちのポストおじいちゃんおばあちゃん夫婦なので。
 まぁ、うーん、引越しするらしいです。
 自己破産らしいです。差し押さえ。



 なので、ないないもさすがにテンションが低い。
 親戚宅に着くと、空気やべぇえ。
 全部をゆくゆくは運び出さねばならないわけですが、とりあえず、装丁が立派な絵本シリーズ数十冊を束ねてお持ち帰りしました。
 ほうせき姫とか大好きなんですよね。
 しゃべればほろほろと口からきらきらの宝石が零れ落ちるお姉さん。
 心のきれいなお姉さんに、魔法使いはそんな魔法を掛けて、次にその魔法を掛けてもらおうとしたお姉さんをいじめる人たちは口から蛙や虫が出てくるような呪いを掛けられたというーーー


 と、ありきたりな教育譚。
 これを富樫がリメイクすれば、ほうせき姫は夜のオークションで3億で売れたりする物語になると思うんですよね。
 「がはは、これで丸儲けじゃー」って言っていたら、ほうせき姫の兄が怒涛の勢いで助けに来る。
 ほんで、蛙や虫を吐き出すいじわるな人を見た養老孟司先生は、「これで熱帯地方に珍しい昆虫を探しに行く手間が省ける」ってその人を重宝すると思う。
 こんなことひらめいてる場合じゃない。


 
 
 ところで、日記タイトルの8tなんですけど。
 SBスタッフの杉田くんに契約の説明中、私の免許証を出して「こーやってスキャンかけてねー」って見せていたんですね。


 「え、小木さん、どーしてその免許証?!」
 と、目を丸くして杉田君は私の免許証の注意事項の欄を指差した。
 「中型(8t)に限るって、トラックの運転できるんですか???」
 
 
 
 私の免許証には眼鏡を掛けて運転するようにという注意と、運転できるのは8tまでですよという注意が書かれている。
 「8t、運転できるってそんなにすごいん??」
 「いや、すごいですよ!!教習所でトラック運転してたんですよね?」
 「え、してないで。みんなMTで免許取れば、あれやろ8tの免許も自動でもらえんねんやろ?」


 違うらしい。杉田君は必死で脳みそ脱脂綿の私に「8tがどれだけ大きいか」を教えてくれて、ようやくどうにか「私の免許証は、変みたいね?」と理解できたのだ。

 親戚の家からの帰り道、走り去るトラックを眺めながら、2tとか5tとかのトラックを眺めながら気づきましたね。
 あれは私には大きすぎる代物だと。
 8tを運転したら、私も死ぬしみんなも死ぬと。
 免許センターは私の免許データを間違えていると。



 しかし母親は大爆笑でした。
 「やべーでかい、ってか5tって、楽勝やんーー」
 「どんだけーー」
 ってな具合でした。
 夜逃げの時は呼んでください、書類上は8tトラックを運転できるので駆けつけますから。
 

 


 
 
posted by nainai at 06:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103337588

この記事へのトラックバック