2008年10月03日

怒りっぽい人

 
 
 
 
 注意されたらもう我慢できない人がいる。



 私もそうだ。は
 指摘、注意、説教、諭されて納得なんてもってのほか。
 信じない、聞かない、理解したくない。
 でも、ちゃんと言うことを聞けることもある。
 
 

  
 
  
 
 先日鷹村さんがジムのプールで見たことだ。
 若い女性と年配のおじさんがプールに来ていたらしい。おじさんはそのおねえさんの水泳コーチらしい。
 
 しかし、お姉さんが泳ぐ横でコーチが立っている場所が、コースとコースの間で、柱がたっていて、すこし「立ち入り禁止」っぽい区域だった。


 案の定、プールの監視の人から「そこは立ち入らないで下さいね」と言われたのだが、おじさんはそこで立腹。

 「禁止って書いていないだろー」と怒り出したそうだ。
 その上、コーチはお姉さんの大会も近く大事な時期だと、怒鳴っていたらしい。


 鷹村さんいわく、そのお姉さんは至って普通のお姉さんらしい。
 水泳ちっくな肉体美を有しているわけでもなく。
 
 しかし、まぁ大会でせっぱづまっているなら、大人しく言うことを聞いて、引き続き練習すればいいのに、ずっと監視員のおねえさんを激詰めしだすコーチ。その様子を傍観し、無関心そうな選手(なのか?)のお姉さん。



 結局、鷹村さんが気を利かせて、監視員のお姉さんに「怪我したのでばんそうこください」とその場から離れさせて、事なきを得た。





 なんでそんなことで怒るんだ、不愉快な人間だと思う一方で、怒りの理由を考えてしまう。

 たぶん、ことごとく自分の行動にいちゃもんを付けられ続けてきたのだろう。
 他人の意見を真っ向聞き入れられないくらい、気持ちが閉鎖状態なんじゃないのかなーと思う。



 そうなってしまう人も少なからず生きていればできてくる。
 そうなってしまっても側にいてくれる人がいたり、したらいいな。
 
 
 と、それと、そうなってしまった人を一瞬で選別して、絡まないで入れるすべを身に付けたいなーと思う。



 監視員のお姉さんはその後、泣き出したらしい。
 うん、しゃーない。
 うちも泣く。
posted by nainai at 12:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな人いた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。