2008年10月07日

お灸を据えられました

 
 
 こんにちは。
 いかがお過ごしでしょうか??


 新しい記事カテゴリを作成しました。白い紙とガン告知です。
 犬は毎度のごとく、皿いっぱいのドックフードをたいらげて、おなかの調子もすこぶるいいようで、トイレのあとは家中駆け回って、その後寝息をたてて眠ってと、元気そのものですが。
 闘病生活がスタートしているのは間違いないから。
 たぶん。




 



 初診は母とふたりで行ったのだが、二度目は母の都合が合わず、私が一人で病院へ行きました。



 和田動物医院は私の住む町の隣町にある。
 が、山を越えて行くというナイスにグルグル峠越えルートなのだ。
 イワタバコは自生していないだろうか、と通院兼食糧確保を試みたが、見つからず。まぁ走りながらだからね。





 夕方5時過ぎに着いて、受付で名前を告げ、そのまま待合室の長椅子に腰掛けた。

 黒耳のパピヨンとその飼い主さんがいた。
 次にシーズとその飼い主さん。


 シーズの飼い主さんは少し気がきつそうだったし、シーズもあまり好きじゃないし。
 
 「同じわんちゃんですね」とパピヨンの飼い主さんに声を掛けてみた。
 病院でおしゃべりというのも変な話なのだが、この病院に通院している犬たちはどんな事情でどんな症状で来ているのか、それが本当に改善されているのかとか、とにかく「本当にここでいいのか」確証が欲しかった。
 情報収集だ。


 「こんにちはーかわいいわんちゃんですね」
 と相手も笑顔。
 優しそうな年配の女性だ。
 
 いけると思い、犬の年齢とお互いの犬の病状について情報交換。
 パピヨンは11歳で3年前に乳がんを摘出手術し、一時回復はしたものの別の場所にガンが転移。まぁぼちぼち漢方でガン対策してますとのこと。
 
 ちなみにそのあと、シーズの奥様ともトークした。
 シーズは白内障。
 
 そのあと来たチワワ2匹連れのブリーダーおねえさんとも絡んでみた。
 そっちは定期健診という感じ。チワワは2匹とも2歳で健康そのものだった。


 情報収集の結果、ガンで通院している犬もいるし、大丈夫かなと思った。手術もちゃんとできるんじゃん。死なないンじゃん。
 


 と。
 おしゃべりに興じているうちに時間が過ぎ、「小木さんーー」と呼ばれて、診察室へ。


 犬を緑色の診察台に乗せる。
 体重5.0kgと診察台横のモニターに映し出される。
 「え・・・5kg?!」
  この犬4kgのはず。1kgも増えたのはまずいかも。
 


 和田先生は「あぁ」といい、
 「この体重機能ちょっと調子悪くて、1kg多いんです。
  うん、4Kgですね、大丈夫前と一緒」



 壊れとんのか。
 ルーズな。



 「はいおなか見せてね、緊張しなくていいよ」

 「はぁ、みるちゃん、ばんざいや」

 「ふーん、どうですか?ちゃんとお薬は飲ませていますか?」


 「はぁ母と祖母が交代でやってます」


 「変わったことはありましたか?」

 「いや、何も。いつもどおりですね」


 「ふーん、そうですね。まぁお薬のおかげで免疫力は上がってますね」


 触って、免疫力が分かる。
 和田の力すげぇ。



 「ミルクちゃんは食べ物、何が好きですか??」

 「えーと、うーん。そういえば、野菜が好きですね。大根の葉っぱを食べます」


 「それは生で?」

 「はい、生の大根葉をしゃくしゃく」

 「駄目です。生の状態で与えてはいけません」


 「はぁ。あとは煮た白菜も好きです」

 「あぁ煮ているのはいいですよ」


 「そうですか。うん気をつけます」

 「あとネギ類、タマネギ、ニラなどもいけませんよ」


 「それは与えていないですね」


 「それとエビなどの甲殻類、イカですね。タコはいいですよ」

 「タコ、いいんですね。イカと近い感じで駄目だと思っていました」


 「いやタコは大丈夫なんですよ」


 と、いいながら、先生は触診をしていた手を止め、小さなチップに火をつけ、そのチップを木槌のような器具にはめこみだした。


 「お灸を据えます」


 犬にですか?



 「熱くないでしょうか?」

 「いや、ぽかぽかしてあったかいので、大丈夫です」


 茶色がかった透明の液体をスプレーし、診察台に横たわるミルクに木槌のような器具をあてる。

 木槌から糸のように煙が上がり、じんわりと暖かいのが分かる。



 その木槌をぽこぽこ当てているうちに、ミルクは温泉気分といった風に体の力を抜いて、足を伸ばしだした。



 「お灸でね、体の毒素を出すんですね」



 「はぁ」




 そんな診察で漢方薬をいただいて3780円なりーって阿呆ですかね私。


 おうちつれて帰ってら、もう燻製みたいに煙たい犬に出来上がっちゃっててびっくり。
 
 
 友人の鷹村さんに「犬にお灸据えられた」というと大爆笑。
 何してるんだろーな。
 まぁいいか。
posted by nainai at 23:50| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 白い紙とガン告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。