2009年09月02日

寝る犬

 
 
 こんにちは。
 いかがお過ごしでしょうか??


 こないだ実家で寝ていたら、ミルクがちょちょいとやってきて、私の右腕と横腹の激狭い地帯で添い寝してきました。

 もう10年生きているから、老犬一歩手前なんですが。
 かわいいやんけー(泣)。



 それにしても乳がんが半端なく進行していて、もう腹部が大変なことになっているんですよね。
 昔のアニメ映画のAKIRAの友人の最終形態みたいなのがおなかにできている感じ。
 なんて雑な説明。
 

 そんな命の灯火が今にも消えそうな犬。
 寂しいなんてもんじゃないんだろうな。
 死んでしまったらどうしようって思いながら生きているんだろうか。


 腕にぴったりくっついてくる様を見ていて、不憫でしかたなくて、何もできないことが非常に歯がゆかった。



 でも、ほんまは「あーやっぱ、哺乳類はあったかいなあ」ぐらいのかるーいノリでミルクが私のそばにいたら、腹立つなぁ、どーなんだろうな。


 
 
 行動から察するに、多分、私のことは好きなはず・・・。
 多分、きっと、そうだ。


 
posted by nainai at 01:04| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 白い紙とガン告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 きっとそう思います。
そんな愛する人に囲まれたミルクは、如何なる形で天に召されようとも、幸せな人生(?)だと思いますよ。
 横でウチの馬鹿猫が大あくびしてますが・・。
Posted by 河童 at 2009年09月02日 19:40
河童さん


コメントかえしわすれていた。
何を考えていらっしゃるのかわからんですが、やっぱかわいいですよね。

Posted by ないない at 2009年09月08日 00:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127011113

この記事へのトラックバック