2009年10月03日

昨日の夜




昨日の夜、犬のミルクがとうとう死んだ。


電話口のお母さんは涙声だった。


命に限りを作ったヤツ、出てこいよ。


10年も一緒だった。

だから10年の思い出がある。

でも10年前はいなかった。

なのに、決して10年前に戻る訳じゃない。


ほんとはいなかったのに。


いないままなら、また違う生活があったはずだ。

ずっと一緒にいて、いなくなるのは、酷いことだ。



まぁ犬が一匹死んだだけ。

posted by nainai at 10:09| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 白い紙とガン告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。