2010年06月22日

普段使いのかしこまり





携帯電話がなかったら、とよく思う。

携帯電話がなかったら、私にはたくさん友達が出来た筈だと、思う。


そんなわけはないんだけど、そうおもう。





携帯電話を販売している会社は3つあって、私が通勤するハマダ電機店では各社から販売員が派遣され、同様に働いている。


別々の会社の、別々の業務を行うスタッフがひとところにいるので、仕事のいざこざはなしで仲良くなることが多い。

仲良くなくても、まぁ普通に話をすることもある。


が、今日は、あれ?と思う返事をされた。


売場の裏、設備室の手前で設備担当の人に呼び止められた。


はいはいと返事をし、設備室を見ると、ドコモとソフトバンクの荷物がこんもりつまれていた。


どけて欲しいとのことだった。
じゃあ、ドコモのスタッフにも伝えておきますと、そそくさとドコモスタッフのもとへ言った。



きちんとメイクしたこぎれいな女の子だった。

設備室の場所がわからないというので、案内し、この荷物だよと説明した。


設備室で作業が入るので、今日中に片付けてほしいそうです、私はこう言ったのだ。


だいたい、ここで、はーいとか、あー分かりました。ありがと〜ございます、なのだが。


「はい、かしこまりました」


と言われた。


あれ?と、思った。



以前、文房具を買いに行って、領収書を出してくださいと頼んだ時にも、こんなあれ?という返答をされた。
領収書を渡す時に、お店のレジスタッフの人が、私に、ご苦労さまですと、笑顔をくれた。


上司気分な発言に、驚いたが。


丁寧語と謙譲語と尊敬語の区別て、ないのかな??もう消えたのかな??


お客さんに待ってもらうときに、しばらくお待ちください、担当のスタッフが参りますのでとか、いうの、時代錯誤かな?
スタッフに引き継ぐときに、お客さんがこのようにおっしゃっていますがとか、いうの、前時代的なのかな??



なんだか、わかんないけど。


posted by nainai at 22:47| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。