2010年07月24日

そうめん盛り






くしゃみが止まらない、身体中を掻き毟りたくなるくらいむず痒いのは、この小さな毛玉にしか見えない子犬のせいだ。


名前はミミちゃんにしたが、私はついついみるちゃん、ミルクと呼んでしまう。
ミミちゃんは私の中では代替え品の枠を出ないらしい。


ミミちゃんのナイスな不躾ッぷりに私は身をもじるハメになる。
犬は概して口腔を舐めるのが好きだ。
ムツゴロウさんが大きなレトリバー犬にのしかかられて顔中特に口の周りを舐められているテレビ映像を見たことがあると思う。
両肩の上に両前足を乗せているのは、犬のリーチが長いからだ。
ミミは小さなポメラニアンなので、私が座っていると、いきおいよく顔面に特攻してくる。
勢いをつけてジャンプしないと、顔面に届かないからだ。
私が涼をとって、仏間で寝ていると頬、眼球、首筋の上に前足を乗せて顔面を懸命に舐めにくる。
眼球に着地しようとしたときは、私も格闘家の如く死守するが、首筋だとほっておく。


が、首筋。
足場が悪いので、ミミちゃんは何度も足踏みをしてくる。
ッカハ!と、私が息をつまらせ、口を開ければ、勇んで口腔を舐めにくるのだ。


時々、何のために犬を家の中に住まわせているのか、メリットが分からなくなる。

そのあと、私の首筋は真っ赤になって、それも痒みを含んで赤くなった。



昨日は予定がなかったので、実家に帰った。
おばあちゃんが昼ご飯のリクエストを聞いてきた。
そうめんと答えた。


豆ご飯も炊いてくれていたらしい。
確かに好きだけど。
今朝、父が選んで買ってきた紅鮭の鮮度がいいからと、それもテーブルの上に並ぶ。


私は腹一杯平らげて、自覚のなかった犬アレルギーにジタバタし、実家を後にした。





posted by nainai at 22:16| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おばあちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。