2010年12月02日

不安





不安だと感じる時、圧迫されるように心臓がドキドキする。



また、大学時代の夢を見た。
社会人になって、サークルボックスにふらりと立ち寄って、廃部になっていることを知った。
ひどく残念で悲しいのに、私にはサークルを復活させる時間的、経済的余裕がない。
さらに、なくなってしまったことを侘しくは思うものの、なんの情感も湧いてこないつまらない人間だった。



不安だ。
なにが、と聞かれると、困る。





寂しいとか、悲しいとか、心細いとか、そういった感情に押し潰されたり呑まれないように、私は必死だ。


私を覚束なくさせるあんまり明るくない感情群。
それから必死で逃げ惑うことを命じて、社会生活を営むように仕向ける常識人的な思考。

その2人の追いかけっこのような日常を鳥瞰して、こんなはずじゃないと毒づく、役に立たない理想論。



私はどれなんだろう。
不安は私の一部なのだろうか。
まるで、私の上に乗った重石みたいだ。
働かないといけない、結婚して子供も育てないといけないと、常識人的な思考は私を両端から挟み込んで潰そうとする。
こうでありたいと願う気持ちは、さらに私を、私自身を卑下し、地面より低い地中に押し込んでいく。




随分と人の出来た先輩がいて、月収9万円程度の仕事を見つけて就職した。
もっともらえる仕事がいくらでもあるし、やりたいことを仕事にしなくてもいいんじゃないですか?と、私は素直に聞いた。
でも、こういうことしてないと俺じゃないと、先輩は言った。



私はこれをしていなきゃ自分じゃないと思うものがない。

不安に呑まれているのが私なのか、ズル休みをしながらも働くのが私なのか、不平不満ばかりのたまうのが私なのか。

そんなつまらないことを考えてしまう。




posted by nainai at 19:59| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ないない論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つまらなくないですよ〜。
そういった不安や自分の中にある矛盾から自由になろうとする行為が 素晴らしい芸術や創作になったり、また それらに感動する感性なったりするのではないでしょうか。
ナイナイさんが時おり書いてくれる創作も そういった揺らぎがとてもよく出ていて自分は好きですよ。
Posted by マンガ家 at 2010年12月04日 15:24
>マンガ家さん

よく人には、あほちゃうとか、なんも考えてないて、怒られるんですけど。
常人が考えるべきことを考えるのを疎かにしてるから、私のクオリティーが出来てんでしょうね。
それで気に入ってくれる人もいるんだから、世の中広いですねー
ありがとうございますU^ェ^U
Posted by ないない at 2010年12月05日 21:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。