2011年08月06日

最近の関心ごと

人権侵害救済法が可決されたら、大変だという内容で、ネット上では大騒ぎになっているらしい。


私には人権侵害を受けている人を守る法案のどこにいかがわしさがあるのか、さっぱりわからない。



周りの人に聞き回っても、人権侵害なんちゃら法案?って、うーん知らんわーと言われるばかり。



携帯電話販売スタッフは審議中の法案には関心が向かないらしい。



インターネットの検索をすると、過激な批判論ばかりが展開されており、それを鵜呑みにするのも喉につっかえる感じがする。



人権というのは、人の権利であって、さらに形のあるものではないので定義が難しいと思う。


日本で差別や人権侵害によってあえぐ人達を救う手だてと言われてもピンと来ない。





しかし、なんだか、このリズム感は男女雇用機会均等法の法案が通ったあとに日本がどうなったかを考えさせられる。
この法案が通ったあとに不当な扱いで雇用の機会が著しく少なかった一部の人達も雇用にありつきやすくなるだろう。
それは雇用される人の枠が軒並み広がることにつながり、今でさえ雇用の機会が狭くなっているのに一層に一人一人のチャンスが少なくなることを意味する。



私はこの法案でどうなるかは分からないが、多分また一層に就職氷河期が続いてしまうんだろうなと思う。



他にも色々あるんだろうけど。



誰か知り合いでこれについて語れる人はいないかなぁ、教えを乞いたいなと思う。
posted by nainai at 01:41| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ないない論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
難しい問題ですね…。
文字通り立場の弱い人達を守る法案ならよいのですが…今の内閣は特定の在日外国人の団体から支援を受けている人が多いので その方達に押されて作られた法案…と言うのが問題になっているのです。
私は在日外国人の友達は結構いるのでその人達との個人的な付き合いは良好ですが 中には祖国を愛するあまり 日本に不利益な運動をする人達もいます。
私は日本に住んでいる限りは日本の不利益になるような運動をしてほしくはないですが…。
そして日本を動かす人達がその人達の言う事を聞いてしまったら…。
日本の政治家なら日本の利益の為に働いて欲しいです。。
Posted by マンガ家 at 2011年08月08日 15:28
>マンガ家さん

うをっΣ(゚д゚lll)
はじめて救済法について意見してくれる知人発見!!
私は在日の友人はいませんが、日本に住む人達が快適になる法案ならいいと思います。
でもこれ全然そうじゃないし、人権侵害と見なされれば人権侵害救済法に基づいて作成された機関が立ち入り調査も出来るってゆうんだから怖いですよね。
差別を受けたと感じた個人の申し出を受け止めて、法の元裁かれるというのがどれくらい恐ろしいことになるのか想像も付きません。
痴漢冤罪のようなことがもっと広く、人権という曖昧模糊な定義をまとって、私達を糾弾しだす可能性だってある。

職場でのセクハラやパワハラに関しても救済してくれるって書いてるけど、大多数の日本人が人権を侵害されたなんて自ら申し出ることはないだろうし、ほんと関係ないわー。

それにしても、この法案、名を変えながらも通そうとする辺り、お金のにおいがしますよね流石に。

日本人、団結力とか正義の名の下にどうのとかより、大人しい優しいって言質を得るために多くの気苦労を背負い込むのが好きなドMが多いと思う。
人から優しいと評価されたときの嬉しさは感無量以外では言い表せない。
まぁ話ずれたけど。
Posted by ないない at 2011年08月09日 06:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。