2012年02月09日

私の踏ん張りがなくなった訳




特に変わったことなど何もなかったのに、私はいつものように突然遠方応援を指示されていつものように何も考えずに指示に従って、結果、私には無理です辞めたいですと泣きついた。



今までこんなの当たり前に耐えてきたのに、
自分の踏ん張りのなさに驚く。



ひとつは去年の秋の出来事がある。
休みもなしに10日ほど働き続け、朝8時にお店にいた。
他のスタッフもみんな集まっていた。
モンスター級に売れる端末の発売日だった。
皆が準備にバタバタする中で、エリアマネージャーが私を大声で呼びつけ、床に転がっている梱包材を指差した。
ゴミ捨てといて、今すぐ!それぐらいなら出来るよね!と、言った。



もうひとつは去年の6月。
チロが死んだ。
6月は女の子のスタッフ1人が急に来なくなり、もう1人の社員スタッフも来なくなり、さらに既婚者の女性スタッフがおめでたになり、他にも二名ほどやすみがちのスタッフがいた。

私はその時、火曜日に休みたかった。
代わりに妊婦のスタッフが出勤してくれた。そしてもう一日休みたかった金曜日は妊婦さんに休んでもらわないことには申し訳なかったので出勤した。
帰ったらチロは死んでいた。
望む時に休めないことも多いだろうが、体調不良でこんなに皆が休める状況で、私は仕方ないことだと諦観することは出来なかった。




そしたら、急に私は我慢なんてできなくなっていた。
もうあと数ヶ月で5年になるのに、5年働いたら一週間も休みがもらえるのに、私はなんて馬鹿なんだろうな。


posted by nainai at 21:16| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事とケータイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
難しいですね。。
でも1ヶ月に二人も来なくなったり そんな短い期間にあっちこっち行かされたりするのは とても正常な事とは思えません。
この場合 気持ちが折れるのはナイナイさんが弱いわけではないと思われ。。
我慢出来ないものは我慢出来ん!と開き直ってよいのではないでしょうか?
自分は若い頃 DQN寄りな人だったのでその場合 暴挙による反撃にうったえていました。
良い方法とは思えませんが自殺しないで済みます。
ちゃんとしている人は「自分はちゃんとしていない」と自分を責めます。
それで死んだ友達がいました。

相手を責めましょう。
向こうが悪い!ってね。
Posted by マンガ家 at 2012年02月10日 23:31
>マンガ家さん

コメントありがとうございます!
iPhoneからコメント書くと反映されないことが度々あるので、これも見れるのかな?って心配中ですが。

大事なお友達が自殺してしまっていたんですね。
ご愁傷様です、ご友人の方が健やかに眠れていることを祈ります。


先月も2人のスタッフが突然来なくなりました。さらに今月は1人解雇されました。
でも、広いエリアの中で日常になっていて、何も思わないです…
自分を責めることが多かったのですが、確かにギリギリの職場でしたね…。
よくも働いたらと自分をほめてあげることにします!ありがとうございます!!
Posted by ないない at 2012年02月16日 09:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/251420573

この記事へのトラックバック