2013年06月11日

結論が出ているのに迷うことがある




何度考えても、同じ結論にたどり着くというのは、つまり悩んでいるということだ。

日本語がおかしい。

悩むというのは、つまりこういうことだ。
どうするべきか逡巡し、先に進めない状態を指す。
しかし、悩むということは、ほぼ行動にうつすだけの、準備はほぼ整った状態なのだ。


シュークリームを買うかどうか迷うことはあっても、遊園地をひとつ買い占めようかどうか迷うことはない。


悩むというのは、細かく刻んでみると変なものだ。


私は、今、付き合っている彼と別れようかどうか迷っている。



別れたら惨めで悲しいんだろうな。
同世代の人たちが次々に結婚していくのに、置き去りの自分を思うと、惨めで消え去りたくはなるが仕方がないだろう。

こんな風な道にしか辿り着けなかったのは自分なのだから。
posted by nainai at 01:46| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。