2014年09月27日

私が去年から狙っていたという話

だいたい誰も私のことを知らないのだが、私のことを勝手にこんなやつで、こういうことを画策しているに違いないと思われているらしい。




私は会社に入社してしばらくして、前の職業訓練学校で仲良くなった男の子と付き合い出した。

去年の2月から付き合って、12月に別れた。理由は、形容し難い不安感、漠然となんか違うと思っていた。

1月に大学時代のメンバーと福岡で合流して飲み会をした。
私が何度も夢に見たサークルメンバー雑魚寝である。
何故か分からないが、とにかく大学時代の夢を何度も見るのだ、だから、この日は夢に見た、憧れの青春時代の再来だったわけである。
何度もいうが、各々が静かに寝出して静まり返って、頭痛とともに目覚めてお腹すいたな、机の上片付けようかなと、いうこの自堕落な目覚めを欲していたのだ。



それからも元彼と月に一回程度ご飯には行くが、もう一度復縁というのをためらっていた。

そんな矢先に、牡蠣鍋をしようという提案に誘われて、私は初めて会社の後輩のお部屋を訪ねたのだった。



それが3/1だった。
次に2人でお出かけをして、しばらくして告白されたのを覚えている。
3/19だった。



そんな経緯はさておき。
私は去年からずっと、そうずっとね、この後輩の男の子を虎視眈々と狙っていたというのが、下衆な会社の男性陣の予想だったそうだ。
なので、付き合っていると言うことを聞いた面々が、ずっと狙っていたもんなぁと、あの女というわけである。




違うと、言いたい。
あの、ほんっとに違うんです。

私はそういう下心にまみれたおばさんに見えるんだろうなァ。
はぁ、どうりで友だち少ないわけだぜ。

posted by nainai at 01:53| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 私のかわいい人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406090935

この記事へのトラックバック