2008年04月17日

ずっと一緒にいたら毒じゃなくなる

 
 
 
 
 
 こんにちは。
 いかがお過ごしでしょうか?


 
 
 今回は生物のお話です。
 やっぱり、高校生物レベルなので、というか高校の生物の先生のちょっとこコラムなんで、さらっと聞いてください。

 
 微生物、というか病気と特効薬の歴史の話。

 黄色ブドウ球菌で、食中毒なんてゆうこうがあってね、そのときに先生が言っていたんです。


 あんなのお手手にいっぱいついてます。
 手は細菌の宝庫ですよ、ただ・・・黄色ブドウ球菌の量がちょっと人間の耐えられる量を越えていたから食中毒となっただけ。


 ばい菌はそのへんでうようよしていて、ちょっとでも生育に適した場所があれば、2の倍数で増えていく。
 それでもだいたい大丈夫。でも、あんまり増えすぎると、人間に害になる。


 
 うまく伝えたいことを書けていません。
 知識がなさ過ぎるからリアルに難しいですね。


 人間に害のある細菌が見つかって、人間は必死で特効薬を作る。
 そしたら、その特効薬でどんなに細菌が死んでも、いつかその特効薬に打ち勝てる抗体を持った(?)というか、まぁより強い細菌が出てくる。
 次の細菌にも特効薬で闘いを挑み、人間はそのたびにつかの間の勝利を得て、再び細菌は進化を遂げる。



 って、よく聞きますよね。
 ペニシリン、出た頃はすっげー特効薬だったけど、数年でペニシリン耐性の細菌が現れたらしいですし。(さっきウィキで読んだ)



 今は薬と耐性菌との闘いって感じだけど。


 昔は人間の身体の耐性と細菌との闘いだったんだって。

 
 人間の身体には抗体があって、外部から入ってきたものを排除する機構がある。
 免疫力ですなー。
 T-グロブリンとか勉強しますたなー。
 そーゆー抗体は、長い長い人類の歴史の中で築き上げてきた、細菌への対抗兵器。 
 つまり身体に抗体が出来る前はずっと負けていたわけですね。
 それに勝てるようになったということは、無毒化したということ。


 今も人間に害になる細菌はいっぱいあるけど、長い長い人類の歴史の中で、人間の方がその毒になれてしまって、ずっと手や口や身体の中や空気中にそんなのが蔓延してても平気になるってことらしい。

 
 
 
 いずれ、エイズなんかも、誰も騒がなくなる、無毒化するんじゃないでしょうか、と先生は夢物語、絵空事のようなことを呟いていた。



 エイズは人の免疫力を弱体化させて、些細な感染症でもすぐ死に至るようになる恐ろしい病気だ。
 そんなのが血液中にめぐってても全然発症しない日がくるなんて思えないのですが。



 なんか、すげーと思った。
 

 ずっとずっと喧嘩していても、いつも一緒にいたら、空気みたいな存在になるって、人間と細菌の関係って。


 腐れ縁で、別れたりヨリ戻して、結局夫婦っすか!?みたいな感じなのかな。

 
 
 
 あ、違うかも。
 ココまで読ませて、「あ、違うかも」はいりました(笑。



 
 思い出した。
 
 
 細菌にもいろいろあってね、新しい細菌と古株細菌がある。
 そらそーだ。

 エイズとかは比較的新しい細菌。
 しかし、むかーしからある細菌は日常的にその辺に蔓延している。
 でも、細菌は、いずれ無毒化していくらしい。
 どういうこと?
 
 つまり。
 発生してすぐの細菌はおこちゃまで、もう反抗して大変。
 毒もガンガン吐く。
 他の細菌や生物を食いつぶして、どんどん死なせていく。


 でも、細菌も実は誰かを殺そうなんて思っていない。
 いや、思ってるかもしれないけど、増殖し続けるのが全ての生物(細菌って生物の枠だっけ?外れるの?)、遺伝子とかRNAを持つものたちの使命なんだってね。
 なので、細菌も人間のお手手に張り付いて死んでしまわれたら、住む場所が無くなってしまう。

 そうして、細菌も歳をとって、無毒化し、ずーと傍にいても大丈夫な、ただ増殖するだけの塊になっていくそうです。


 よく、人間は地球に巣食う害虫だー、病魔だーっていうけど。
 そーゆー漫画やたら多いけど。問題提起作は売れるよね、そーゆーのずっこいけど、確かに面白い。

 人間も歴史の浅い生き物だから、ずっとずっと生き物として歴史を重ねるうちに無毒化して、地球上でただ増殖するだけの塊になっていくんじゃないのかな?


 
 
 生物学コラムって、ないないの教訓なんですよね。
 人を殺し続けてきた細菌が、弱体化するわけでもなく、無毒化し、それでずっとい続けてるなら。
 なんか悪いことがあったり、自分がどうしようもない極悪人でも、善良な市民になる可能性があるって事じゃん!って、細菌を自分に置き換えるの、バカ丸出しですねー。
 いや、いいんです。


 ずっと一緒にいたら毒じゃなくなるって話でした!
 

 おつかれさまです。
 
 
posted by nainai at 00:44| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 柔らかな知新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。