2012年12月20日

2人のうち誰を選ぶか




おおよそ人生において、二者択一は避けられない。


どちらかを選ぶという状況で、人はほぼ選択に迷い見誤る。



そもそも本来であれば選択肢というのは無限にあるもので、そうでもあるにも関わらず人はほぼ無意識に、必然の流れで選択をしているのだ。



選ぶということを息を吸って吐くように繰り返しているというのに、それを先送りにして選ばずに状況を静観し続けていれば…


自然と状況は二者択一になるのだ。



そして、慣れぬ狸の皮算用と言うのだろうか、どちらがいいとも即答できぬものを二つ並べるという状況を作ったこと事態がもうそもそも計算ミスなのである。



そんなこと考えてたけど、そもそも何一つとして選択するものが今は見当たらない。


大阪のどのへんに住もうかなー。



posted by nainai at 08:36| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

ひとり言

あたしは万能の神様で、どんな願いも叶えてあげられる。

君が欲しいなら、そうなんでも。



永遠の命も永久の楽園も。
尽きぬ夢を無尽に繰り返す君に望むものを与えてあげる。


手に入らないものはないの。
失うこともないの。


だって、あたしはなんでも出来ちゃう神様だから。


だから、そう。


この高邁なあたしを、毛羽立った寂しさを撫で付けるようになだめて欲しい。

そうして、子どもをあやすように、許して欲しい。


どこにもいかないで、ここにいると、一言言ってくれればなんだって欲しいものはあげるから。
posted by nainai at 00:50| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

来週の今日について

来週の今日はクリスマスだけど予定がない。



それだけどうしても埋めたいという乙女心が一応私にもある。


が、予定がない。


posted by nainai at 09:49| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

会社の忘年会



英語でベトナム人開発者に案件の要件や詳細な内容を説明できるようになるってレベル高いよな。




どーなるんだろう来年もこの会社の忘年会に参加して、わははは!て、笑っていられるといいんだけどな。
posted by nainai at 22:43| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

お断りするぞ!いやあれちょいまち




えっと…
就職先で一月過ぎた。

私がこの分野でメキメキ力を伸ばしつつあるのか否かはさておき前の職場より人間がみんなマトモでびっくりしている。



腰を抜かしそうなくらいね。




8月頃に同じ訓練学校の生徒の男の子から付き合って欲しいと言われた。
正直嬉しかったが、返事を曖昧にしたまま、今まで来てしまった。




人に相談しようかと思ったけど、何だか相談してるうちにこんな三十路の独身女の恋愛系愚痴とか聞かされる立場からしたらさ…



なんかねそう、どうしたらいいかなとか、私ねこんなことで悩んでいるのって言うのが難しいなと。



結局、はいともいいえとも言わないまま、ここまでズルズル来たから、そろそろちゃんと返事をしようと思った訳ですよ。



お断りさせていただこうと。
そうしたら涙が止まらなくて悲しくて悲しくてシクシク泣いてしまった。


それでどうしたんだよ?って感じですよね。
私もそう思います。



悩むの疲れるなー
posted by nainai at 00:42| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

初出勤の日




先週の月曜日から新しい職場に通い出した。
総勢10名、少数精鋭部隊だ。



緊張するなぁ。
すでに面談で4回は訪れていた。



だが、初出勤となると格別だ。
私は何をどうすればいいのかあわあわしていた。
いつも通り天王寺で御堂筋へ乗り換えて、さらに乗り換えて目的の駅につく。

出口は1番出口。
何故なら1番出口から出ると、すぐそこに会社があるからだ。


グレーのピーコートに大人しめの色合いのプリーツスカート、黒タイツにローファー。
私服で来てと言われたがあまりカジュアルでもいけないと思いシンプルなコーディネートにしてみた。

そんな自分の格好を眺め直して、よし大丈夫変じゃないと言い聞かせた。




そうして、1番出口の階段を登り始めてもう出口という時に、私の少し手前を歩いていた男性のカバンからぱらっと丸まった布地が落ちた。


パッと見上げるとツバ付きの帽子にすらりとした身体の二十代のおしゃれメンズ。
布を拾ってあげようとして、私は固まった。


丸まったそれは、ベースが茶色で所々に濃い茶色のまだら模様が施されたヒョウ柄。
ヒョウ柄の女性もののパンツだった。
生地は化繊やレース素材はなく、木綿だったので、女性ものというより女児向けらしかった。


もしこれがハンカチなら、こう言えた。
お兄さん、ハンカチ落としましたよーと。


パンツではちょっとその目的語を発するのも憚られた。
あ、の、えー、落としましたよ…
私は、落し物を拾うでもなく声を発し、お兄さんは瞬時に振り返り、斜めがけのカジュアルミニバックにパンツをしまいこんでそのまま階段を駆け上がっていった。



結局、初出勤の記憶がヒョウ柄パンツしかない。
posted by nainai at 22:05| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

困ったな




Facebookの友達申請を承認してからメッセージをじゃんじゃんくれる人がいる。



男の人で、そうだね。
私より二つ上、金融関係の仕事で毎日18時にはきっちり仕事が終わるという感じらしい。


昔はよくご飯いったよねまた行こう、大阪で飲もうよラブコールをいただいて、私の仕事は終わるのが遅いので終電の加減を考えてもゆっくりご飯は無理だねとやんわり断った。



この人どんな人だったかな?
うっすら思い出してきた。
2人で車に乗ってお出かけをしたものの、車のオーディオの音がデカ過ぎで頭が痛くなってしまったんだ。
それに、冷房がよく効いててさ、いい感じに関節が痛むんだよな。
思い出した、そうそう。


彼女がいるって言うてて、私を助手席に乗せて地元の道を走るのは怖いなwと笑っていたな。
さらにCDを探そうとダッシュボードを開けたらコンドームが出てきて、びっくりしたないないさんはあばばば!とは言わなかったものの、目ん玉飛び出しそうな顔になってたんだよな。



会いたくなくなった。
嫌だなこれ。
posted by nainai at 23:03| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

また内定もらった!




こんにちは。
無職のないないです。

皆さん、いかがおすごしでしょうか?
先日またまた内定をいただきました!
こうなってくるとなんだか何もかも調子がいいような気がしてくるから不思議ですねー


別の企業からもラブコールが来るし、さらに別の企業の最終面談も通るし、うまく回ってるな!て感じがしますね!


しかし、私の本気の狙いはこの最終面談の後ですよ。
がんばるぞ!
ジーンズ姿でパソコンデスクの前に座って働いてやるーーー!!
posted by nainai at 10:27| 奈良 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

内定もらった


 
 
 
 
 ついに



 そう、ついに。



 私は内定をもらった!

 
 やったね!
 3月に退職して、私は何度も何度も繰り返して思っていた。
 こんなふざけたやつらばっかりの職場いやや!販売員なんか二度としたくない!
 でも、ふざけたやつというか、自分とそりの合わないやつらなんていうのはどこにでもいるし。
 それこそ、気の合う連中ばっかりの職場が見つかるまで転職繰り返すの?
 頭の中、お花畑じゃん?


 職場の人間が気に入らないなんて理由で辞めるのは、これが最後。
 次はどんな場所でも頑張らないと。
 職場でモバゲーをする上司がいても、職場で女作って女共々バックれるスタッフがいても、新人の女の子を車に乗せて深夜連れませして、チューして帰ってきちゃう東京のエリートマンがいても、私は今度は、こんなこと思わない。
 こんなくずどもと同じ会社になんて一秒たりともいたくないなんて思っちゃいけないと、思った。
 
 

 内定をいただけた会社は、大手に分類されるんだろう。
 従業員1000人ちょい。
 関西だけでも120人ほどいる。
 仕事の内容は、常駐派遣。
 だから、関西圏内限定ではあるがどこで働くのかさっぱりわからないのだ。


 この前にも一社内定はもらったけど、WEB制作でもがっちがちのアダルトコンテンツ制作にびびってしまって行かなかった。
 


 それよりはこましに働けるのではないかと思う。
 またゆっくり考えよう。
 多分、長く働ける場所ではない。
 40,50歳になってもあっちこっち常駐している自分が情けなくて仕方ないなと思う。
 しかし、常駐系から30代後半に転職?
 いやいや今より劣勢じゃないか?
 はぁわかんなくなっちゃうなぁー。


 また販売に戻ろうかな。
posted by nainai at 22:27| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

怒ってしまった




 おばあちゃんはいつも4時過ぎから5時にはご飯を食べるので、ご飯を食べようといいながらご飯を作ったのだが。


 ないないちゃんがおなかすいてるんじゃないの?とおばあちゃんのお茶碗によそったご飯も、小さな小皿に入った焼き茄子も、冷奴も全て、私に食べさせようと、器をこっちに寄せてくる。


 私は私の茶碗にご飯をよそって、私の分の焼き茄子と冷奴をつっついているのもおかまいなしだった。




 私は何度もそっちはおばあちゃんの分だよといい、おばあちゃんは何度も私は夕飯はいらないのといい、だったらおばあちゃんは食べなくていいでも、おばあちゃんが食べないからって私はおばあちゃんのお椀からご飯を食べるほどおなかがすいているわけでもないよ。


 そんなやり取りを5回くらい続けていた。
 いらないから、ないないちゃんがお食べ、私には私の分があるし、おばあちゃんが要らないならそれはもう捨てるから気にしないで。


 最後におばあちゃんが、ないないちゃんはお昼も食べていないんじゃないの?おばあちゃんのご飯をお食べと、お茶碗を差し出したときに、

 「馬鹿みたいに同じこと言わないで!おばあちゃんが食べないならそのご飯は捨てる!おばあちゃんが私のためにご飯をどんなにおいておいて、私に食べさせようとしても私は絶対そうはしない!!絶対に捨てるから!!」

 と、怒鳴りつけた。
 大声でそう言い放って、本当に自分に嫌気がさした。



 この人は私の空腹が満たされるか、もうそれだけが気がかりなのだ。
 ひとつも悪気はないのに、もう同じフレーズを一度の夕食につき最低5回、これを必ず毎度のこととして聞かされるのは、気の短い私には『最低最悪』な毎日。



 いやだなぁ。
 人とご飯を食べるのは楽しいのに、なんで家族になると嫌なものになるんだろう。


 私は人と長く一緒に過ごせない生き物なんだろうな。
 欠陥人間だ。
posted by nainai at 17:32| 奈良 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | おばあちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。